指感染症情報の見かた

流行状況

サーベイランス

解説・Q&A

ライブラリー

更新日

2024/5/20

全国感染症情報

流行マップ

更新日

2005/11/4

再編日

2002/3/31

新潟県内の流行状況

感染症疫学センター

ORCA

感染症解説・質疑応答

用語解説・過去記事



新潟県全域から寄せられた感染症の最新流行状況をこのページの一覧表に載せました。
報告は地区の小児科医から提供されたものです。
「地区別」レポートの地図から、これまでの地区別情報を知ることができます。
新潟県内の感染症レポート
この下の一覧表 地区別(過去ログ) 地図をクリック
地区10(佐渡) 地区4(新潟) 地区3(阿賀野川) 地区2(新発田) 地区1(県北)
地区9(上越) 地区8(柏崎) 地区7(魚沼) 地区6(長岡) 地区5(県央)

新潟県福祉保健部健康対策課発表の感染症週報・5類感染症の地域別報告数はこちら(5.18更新)
RSウイルス定点届出数の地域別経時的変化はこちら(5.18更新)

/

レポート

5/19 溶連菌感染症が、いくつかの保育園、小学校で散発〜小流行しています。両津地区ではRSウイルス感染症や水痘が散発している保育園があります。ノロウイルス様の感染性胃腸炎が散発している保育園もあります。新型コロナウイルスは成人を中心に一部で散発していますが小児の流行は把握していません。A型インフルエンザが連休直後に島外から持ち込まれ、中学生、高校生に若干患者さんが出ましたがその後は広がらずインフルエンザの流行は終息したようです。<岩谷>
(新発田地区):5/13から5/19の感染症情報です。新型コロナウイルス感染症は、わずかですが陽性者を認めました。インフルエンザは陽性例を認めませんでした。溶連菌感染症も前週同様認めています。感染性胃腸炎はさらに減少しています。RSウイルス感染症の発生の報告が一部の保育園よりありましたが、当院での陽性例はありませんでした。<桑島>
5/11 (新発田地区):5/6から5/12の感染症情報です。新型コロナウイルス感染症は、陽性者を認めましたが成人例でした。インフルエンザは陽性例を認めませんでした。溶連菌感染症も前週同様認めています。感染性胃腸炎は減少しています。<桑島>
5/5 (新発田地区):4/29から5/5の感染症情報です。新型コロナウイルス感染症は、陽性者を認めましたがいずれも成人例でした。インフルエンザは陽性例を認めませんでした。溶連菌感染症も前週同様認めています。感染性胃腸炎は前週同様認めています。水痘が2名ありました。<桑島>
4/27 (新発田地区):4/22から4/28の感染症情報です。新型コロナウイルス感染症は、陽性者を認めましたがいずれも成人例でした。インフルエンザは前週より減少しました。溶連菌感染症も前週同様認めています。感染性胃腸炎は前週同様認めています。<桑島>
4/20 (新発田地区):4/15から4/21の感染症情報です。新型コロナウイルス感染症は、陽性者を認めませんでした。インフルエンザは前週より少し増加しています。一部の小学校で学級閉鎖、保育園で登園自粛となっています。溶連菌感染症も前週同様認めています。感染性胃腸炎は前週同様認めています。<桑島>
4/18 今シーズンのインフルエンザの流行は島内ではほぼ終息を迎えたようです。新型コロナウイルス感染症の患者さんも少なくなりました。溶連菌感染症の患者さんは保育園、小学校で散発しています。RSウイルス感染症が両津地区の保育園の一部で4月初めから流行していましたが他の保育園に広がらず落ち着いてきました。<岩谷>
4/14 (新発田地区):4/8から4/14の感染症情報です。新型コロナウイルス感染症は、わずかですが陽性者を認めました。インフルエンザは前週よりさらに減少しています。溶連菌感染症も認めています。感染性胃腸炎は前週同様に推移しています。<桑島>
4/7 (新発田地区):4/1から4/7の感染症情報です。新型コロナウイルス感染症は、陽性者を認めませんでした。インフルエンザは前週より大幅に減少しています。溶連菌感染症はより減少しています。感染性胃腸炎は前週よりさらに増加しています。<桑島>
3/31 (新発田地区):3/25から3/31の感染症情報です。新型コロナウイルス感染症は、前週より減少しています。インフルエンザは前週より減少しています。アデノウイルス感染症はまだ一部の保育園・幼稚園で認めています。溶連菌感染症はより減少しています。感染性胃腸炎は前週よりさらに減少しています。<桑島>
3/25 インフルエンザBの流行が続いていますがピークは越えた感があります。一方、インフルエンザAが、いくつかの学校、保育園で再び散発しています。Webで「佐渡市 インフルエンザ流行状況」と検索していただくと、新潟大学医学部保健学科作成のホームページに佐渡市のインフルエンザ流行状況が詳しく載っています。新型コロナウイルス感染症も、まだあちこちでインフルエンザに混じって散発しています。溶連菌もあちこちで散発しています。咳や鼻水を伴わない、喉の痛みと発熱の患者さんは溶連菌にも注意が必要です。<岩谷>
3/24 (新発田地区):3/18から3/24の感染症情報です。新型コロナウイルス感染症は、前週よりさらに減少しています。インフルエンザは前週同様に推移しています。全てB型です。アデノウイルス感染症も一部の保育園・幼稚園で認めています。溶連菌感染症は前週同様認めています。感染性胃腸炎は前週より減少しています。水痘が1例(小学生)ありました。<桑島>
3/17 (新発田地区):3/11から3/17の感染症情報です。新型コロナウイルス感染症は、前週より減少しています。インフルエンザは前週より増加しています。全てB型です。学級閉鎖の報告がありました。アデノウイルス感染症も依然として認めています。溶連菌感染症は前週同様認めています。感染性胃腸炎は前週より増加しています。<桑島>
3/11 (新発田地区):3/4から3/10の感染症情報です。新型コロナウイルス感染症は、前週より増加しています。インフルエンザは前週より増加しています。ほとんどがB型です。学校閉鎖、学級閉鎖の報告がありました。アデノウイルス感染症も依然として認めています。溶連菌感染症は前週同様認めています。感染性胃腸炎は先週より減少しています。小学生の水痘3例ありました。<桑島>
3/10 インフルエンザBが両津、金井、新穂、畑野、佐和田中心に流行しています。インフルエンザAは昨年晩秋から1月中旬まで大流行し一度姿を消していましたが、このところ成人を中心に再び散発しています。Webで「佐渡市 インフルエンザ流行状況」と検索していただくと、新潟大学医学部保健学科作成のホームページに佐渡市のインフルエンザ流行状況が詳しく載っています。新型コロナウイルス感染症も、あいかわらずあちこちでインフルエンザに混じって散発しています。2月〜3月はじめにかけて保育園中心に流行していたノロウイルス、その他のウイルスの感染性胃腸炎の流行は落ち着いてきています。<岩谷>
3/3 (新発田地区):2/26から3/3の感染症情報です。新型コロナウイルス感染症は、前週よりさらに陽性者が減少していますインフルエンザは前週同様陽性者を認めています。ほとんどがB型です。アデノウイルス感染症も依然として認めています。溶連菌感染症は前週同様認めています。感染性胃腸炎は先週より減少しています。小学生の水痘が1例ありました。<桑島>
2/25 (新発田地区):2/19から2/25の感染症情報です。新型コロナウイルス感染症は、前週より陽性者が減少しています。インフルエンザも前週より陽性者が減少しています。アデノウイルス感染症も依然として認めています。溶連菌感染症は前週同様認めています。感染性胃腸炎は先週より増加しています。小学生の水痘が数例ありました。流行性耳下腺炎も1例認めました。<桑島>
2/18 (新発田地区):2/12から2/18の感染症情報です。新型コロナウイルス感染症は、前週より陽性者が減少しています。インフルエンザも前週より陽性者が減少しています。アデノウイルス感染症も依然として認めています。溶連菌感染症は前週同様認めています。感染性胃腸炎は先週より減少傾向です。<桑島>
2/11 (新発田地区):2/5から2/11の感染症情報です。新型コロナウイルス感染症は、前週同様陽性者を認めています。インフルエンザは、前週同様陽性者を認めています。B型の割合が増えています。アデノウイルス感染症も依然として認めています。溶連菌感染症は前週同様認めています。感染性胃腸炎は先週よりさらに増加傾向です。<桑島>
2/4 (新発田地区):1/29から2/4の感染症情報です。新型コロナウイルス感染症は、前週より増加しています。インフルエンザは、前週同様陽性者を認めています。B型の割合が増えています。アデノウイルス感染症も依然として認めています。溶連菌感染症は前週同様認めています。感染性胃腸炎は先週よりさらに増加傾向です。RSウイルス感染症・ヒトメタニューモウイルス感染症の報告がありました。<桑島>
1/28 (新発田地区):1/22から1/28の感染症情報です。新型コロナウイルス感染症は、前週同様陽性者を認めています。インフルエンザは、前週同様陽性者を認めています。アデノウイルス感染症も依然として認めています。溶連菌感染症が増加しています。感染性胃腸炎は先週より増加傾向です。RSウイルス感染症・ヒトメタニューモウイルス感染症の報告がありました。宜しくお願いします。<桑島>
1/21 (新発田地区):1/15から1/21の感染症情報です。新型コロナウイルス感染症は、前週より増加しました。インフルエンザは、前週同様陽性者を認めています。アデノウイルス感染症も認めています。溶連菌感染症が増加しています。感染性胃腸炎も増加傾向です。<桑島>
1/19 大流行していたインフルエンザAも1月中旬に入り流行が収まってきているようです。新型コロナウイルスはこの1ヶ月ほど、増えもせず減りもせず毎日数名の患者さんが受診されています。溶連菌感染症がいくつかの保育園で小流行していますが、生徒さん、成人にも散発しています。ノロウイルス様の感染性胃腸炎があちこちの保育園で散発を繰り返しています。<岩谷>
1/15 (新発田地区):1/8から1/14の感染症情報です。新型コロナウイルス感染症は、少数ですが陽性者を認めました。インフルエンザは、前週よりさらに減少傾向ですが陽性者を認めています。アデノウイルス感染症・ヒトメタニューモウイルス感染症も認めています。溶連菌感染症が増加しています。感染性胃腸炎も増加傾向です。<桑島>
1/8 (新発田地区):1/1から1/7の感染症情報です。新型コロナウイルス感染症は、少数ですが陽性者を認めました。インフルエンザは、前週よりさらに減少傾向ですが陽性者を認めています。アデノウイルス感染症・ヒトメタニューモウイルス感染症も認めています。<桑島>

up