指感染症情報の見かた

流行状況

サーベイランス

解説・Q&A

ライブラリー

更新日

2018/9/20

全国感染症情報

流行マップ

更新日

2005/11/4

再編日

2002/3/31

新潟県内の流行状況

感染症疫学センター

ORCA

感染症解説・質疑応答

用語解説・過去記事



新潟県全域から寄せられた感染症の最新流行状況をこのページの一覧表に載せました。
報告は地区の小児科医から提供されたものです。
「地区別」レポートの地図から、これまでの地区別情報を知ることができます。
新潟県内の感染症レポート
この下の一覧表 地区別(過去ログ) 地図をクリック
地区10(佐渡) 地区4(新潟) 地区3(阿賀野川) 地区2(新発田) 地区1(県北)
地区9(上越) 地区8(柏崎) 地区7(魚沼) 地区6(長岡) 地区5(県央)

最新のRSウイルスを含む5類感染症の地域別報告数はこちら
最新の新潟県福祉保健部健康対策課発表の感染症週報はこちら

/

レポート

9/19 発熱・咳の患者さんが多いです。喘息発作も多いです。溶連菌感染症もみられますが少なくなりました。その他の流行はありません。<村井>
9/18 (新発田地区):9月10日から15日までの情報です。一部の保育園でヘルパンギーナが多く認められました。ノロウイルスが陽性の患者さんが数名おられました。他、溶連菌、RSウイルス、アデノウイルス感染、伝染性紅斑、水痘の患者さんが見受けられました。<須藤>
9/13 発熱・咳の患者さんが多いです。喘息発作も多いです。RSウイルスもみられるようです。溶連菌感染症もみられます。<村井>
9/10 (新発田地区):9月3日から8日までの情報です。RSウイルス、溶連菌、アデノウイルス感染の患者さんが見受けられました。一部の保育園でヒトメタニューモウイルス感染が認められました。またノロウイルス感染の患者さんも出ています。<須藤>
9/5 病原性大腸菌感染症がみられます。発熱、咳の患者さんが多く、喘息発作になる患者も多いです。溶連菌感染症も多くなりました。伝染性紅斑もみられます。<村井>
9月5日までの感染症情報。流行っている病気はありません。胃腸炎(一部はノロウイルス性胃腸炎)、とびひ、ヘルパンギーナ、おたふくかぜ、RSウイルス感染症、溶連菌感染症、アデノウイルス感染症、ヒトメタニューモウイルス感染症、百日咳が少し。<長沼>
9/3 (新発田地区):8月27日から9月1日までの情報です。RSウイルス感染が未就園児含め流行しています。他溶連菌、アデノウイルス感染が見受けられました。ヘルパンギーナも少数ですが、認められました。<須藤>
8/30 発熱、咳の患者が程々みられます。喘息発作もみられます。腸管出血性大腸菌の患者さんがみられました。その他の流行はありません。<村井>
8.27 (新発田地区):8月20日から25日までの情報です。感染症は落ち着いています。ヘルパンギーナはほぼ終息したようです。溶連菌、アデノウイルス、RSウイルス感染が散見されました。他、下痢のみの患者さんが比較的多く見受けられました。<須藤>
8/25 いくつかの保育園でヘルパンギーナが流行しています。水痘、流行性耳下腺炎、RSウイルス感染症が多くはありませんが散発しています。<岩谷>
8/23 外来は落ち着いております。発熱の患者さんがみられます。ヘルパンギーナは減少です。その他の流行はありません。<村井>
8/20 8月20日までの感染症情報。ヘルパンギーナ、RSウイルス感染症、ヒトメタニューモウイルス感染症、溶連菌感染症、胃腸炎、とびひが少し。百日咳が一人。<長沼>
(新発田地区):8月6日から18日までの情報です。RSウイルス感染、ヘルパンギーナが広い範囲で流行しています。しかしヘルパンギーナは減少傾向です。他は溶連菌、アデノウイルス、ヒトメタニューモウイル感染、流行性耳下腺炎が散見されました。<須藤>
8/8 ヘルパンギーナが流行しております。手足口病は減少傾向です。RSウイルス感染症は原町保育園で流行です。高熱、嘔吐、尿ケトン陽性で難儀な児がみられます。<村井>
8/6 (新発田地区):7月3日から8月4日までの情報です。広い範囲でヘルパンギーナ、RSウイルスが流行しています。聖籠町の一部の保育園ではヒトメタニューモウイルスが複数認められました。他、溶連菌、アデノウイルス、マイコプラズマ感染、伝染性紅斑が散見されました。<須藤>
8/1 ヘルパンギーナ、手足口病が流行です。溶連菌感染症、胃腸炎が少しみられます。その他の流行はありません。<村井>
7/30 (新発田地区):7月23日から28日までの情報です。ヘルパンギーナが引き続き広い範囲で流行しています。複数の保育園でRSウイルスが見受けられます。他、溶連菌、アデノウイルス感染が散見されました。<須藤>
7/28 7月28日までの感染症情報。ヘルパンギーナがだいぶ減りましたが流行っています。溶連菌感染症、RSウイルス感染症、胃腸炎、ヒトメタニューモウイルス感染症、みずぼうそうが少し。<長沼>
7/26 ヘルパンギーナ、手足口病が流行です。高熱・咳の患者さんもみられます。高田保育園(新道地区)で伝染性紅斑が流行です。溶連菌感染症が幾分流行です。<村井>
7/23 (新発田地区):7月17日から21日までの情報です。ヘルパンギーナが広い範囲で認められました。一部の保育園でRSウイルスが流行しています。他、溶連菌、アデノウイルス感染、感染性胃腸炎が認められました。原因不明ですが、発熱、頭痛で受診する小学生が見受けられました。<須藤>
7/18 ヘルパンギーナが流行しております。手足口病も流行です。感染性胃腸炎が程々流行です。発熱・咳の患者さんも程々多いです。その他の流行はありません。<村井>
7/17 (新発田地区):7月9日から14日までの情報です。感染症は引き続き落ち着いています。ヘルパンギーナが広い範囲で流行しています。少数ですが小学生、中学生にも感染者が出ています。手足口病も少数見受けられますが、診断に迷うケースがあります。他、溶連菌、ヒトメタニューモウイル、アデノウイルス感染、水痘が少数例認められました。<須藤>
7/14 7月14日までの感染症情報。ヘルパンギーナが流行っています。溶連菌感染症、胃腸炎、RSウイルス感染症、アデノウイルス感染症、ヒトメタニューモウイルス感染症、とびひ、手足口病、おたふくかぜ、みずぼうそうが少し。<長沼>
7/12 ヘルパンギーナが流行しております。手足口病がみられますが、症状は軽いです。感染性胃腸炎が流行です。学童で高熱の児がみられます。<村井>
7/9 (新発田地区): 7月2日から7日までの情報です。ヘルパンギーナが流行し始めています。他、溶連菌、アデノウイルス感染、感染性胃腸炎が見受けられました。また一部の学校、保育園で水痘、流行性耳下腺炎、流行性角結膜炎を認めました。<須藤>
7/4 ヘルパンギーナ、手足口病が保育園で流行です。溶連菌感染症もみられます。感染性胃腸炎程々の流行です。学童で高熱の児もみられます。<村井>
7/2 (新発田地区):6月25日から30日までの情報です。感染症は落ち着いています。溶連菌、アデノウイルス感染が比較的多く認められました。近隣の小学校で水痘が小流行しています。他、ヘルパンギーナ、RSウイルス、ヒトメタニューモウイルス感染が見受けられました。<須藤>
6/29 6月29日までの感染症情報。ヘルパンギーナが流行っています。胃腸炎(一部はノロウイルス性胃腸炎)、溶連菌感染症、手足口病、ヒトメタニューモウイルス感染症、RSウイルス感染症、アデノウイルス感染症が少し。<長沼>
6/27 感染性胃腸炎が流行です。溶連菌感染症もみられます。高熱のかぜが流行で、保育園、小学校みられます。手足口病が柏崎保育園でみられます。<村井>
6/25 (新発田地区):6月18日から23日までの情報です。感染症は引き続き落ち着いています。溶連菌がやや多めに認められました。水痘が一部の保育園で認められました。ヘルパンギーナも少数ですが確認されました。他、アデノウイルス、ヒトメタニューモウイルス感染、感染性胃腸炎が見受けられました。<須藤>
6/20 保育園で発熱・咳の患者さんが多いです。感染性胃腸炎も流行です。小学校で発熱・嘔吐の患者さんがみられ、特に剣野小で流行です。<村井>
6月20日までの感染症情報。ヘルパンギーナが流行っています。溶連菌感染症、胃腸炎、アデノウイルス感染症、RSウイルス感染症、手足口病、マイコプラズマ感染症、ヒトメタニューモウイルス感染症が少し。<長沼>
6/18 (新発田地区):6月14日から19日までの情報です。引き続き感染症は落ち着いています。溶連菌、アデノウイルス感染症、感染性胃腸炎が見受けられました。一部の小学校では水痘の患者さんが複数認められました。咳、鼻汁に熱が4~5日持続し、RS、ヒトメタニューモウイルスが陰性の患者さんが少し目立ちました。<須藤>
6/13 感染性胃腸炎が流行です。点滴する児も多いです。発熱の児もみられます。アデノウイルス性咽頭炎がみられます。<村井>
6/11 (新発田地区):6月4日から9日までの情報です。感染症は落ち着いています。溶連菌、アデノウイルス感染が10例前後認められました。他、ノロウイルス胃腸炎、RS、ヒトメタニューモウイルス感染、流行性耳下腺炎が数例づつ見受けられました。<須藤>
6/9 ノロウイルス様の感染性胃腸炎が両津地区のいくつかの保育園で流行しています。流行性耳下腺炎が、両津地区のいくつかの保育園、小学校で散発しています。RSウイルス感染症が島内のいくつかの保育園で流行していましたがピークは過ぎて少なくなってきました。<岩谷>
6/6 感染性胃腸炎は減少傾向です。発熱・咳の患者さんが多いですが、減少傾向です。溶連菌感染症も幾分流行です。<村井>
6月6日までの感染症情報。溶連菌感染症、胃腸炎が流行っています。RSウイルス感染症、ヒトメタニューモウイルス感染症、おたふくかぜ、手足口病、ヘルパンギーナが少し。<長沼>
6/4 (新発田地区):5月28日から6月2日までの情報です。大きな流行はありません。一部の学校で水痘、一部の保育園でヒトメタニューモウイルス、マイコプラズマ感染が流行しています。他は溶連菌、アデノウイルス感染、感染性胃腸炎が見受けられました。<須藤>

up