2021年
情報提供
過去の情報
  • 須藤正二( 新発田市/すどう小児クリニック)
  • 山崎恒(阿賀野市/やまざき小児科)
2018年
2019年
2020年

流行状況 県北 阿賀北 新潟市東 新潟市西 県央 長岡 魚沼 柏崎 上越 佐渡

レポート
9/19 (新発田地区):9月13日から18日までの情報です。引き続きRSウイルス感染が多く認められましたが、先週からはほぼ半減しました。RS以外の発熱、咳の患者もやや多く見受けられました。他は、溶連菌、アデノウイルス性咽頭炎が数例ずつ認められました。<須藤>
9/12 (新発田地区):9月6日から11日までの情報です。RSウイルス感染が続いています。夏休みが明けて流行が始まった幼稚園もあります。他は、先週同様溶連菌、アデノウイルス性咽頭炎が数例ずつ認められました。RSウイルス感染が治癒した後に、同様の症状を認める園児も多く見受けられました。<須藤>
9/5 (新発田地区):8月30日から9月4日までの情報です。RSウイルス感染は引き続き多いですが、先週より減少傾向にあります。兄弟から感染した新生児や早期乳児例の感染も目立ちます。他は溶連菌、アデノウイルス性咽頭炎が数例認められました。<須藤>
8/29 (新発田地区):8月23日から28日までの情報です。先週に引き続き広い範囲でRSウイルス感染が流行しており、単純には比較できませんが、先週の2倍以上の数に上りました。他は溶連菌、アデノウイルス咽頭炎が数例ずつ認められました。<須藤>
8/22 (新発田地区):8月16日から21日までの情報です。RSウイルス感染が広い範囲で流行し、熱が続いたり、兄弟から生後数か月の乳児に感染する例が多く認められ、入院をお願いする患者さんが増えています。他は溶連菌、アデノウイルス性咽頭炎が数例ずつ見受けられました。手足口病、ヘルパンギーナは見当たりません。<須藤>
8/8 (新発田地区):8月2日から7日までの情報です。RSウイルスが流行している保育園が複数あります。一方でRSウイルスは陰性で発熱が長引くお子さんも多く認められました。他は、溶連菌、アデノウイルスが数例見受けられました。手足口病やヘルパンギーナはいまだに見かけません。<須藤>
8/1 (新発田地区):7月26日から31日までの情報です。発熱の方が先週に引き続き多く認められました。その中でRSウイルス感染が多く見受けられました。ただRSウイルスが陰性の方も多々認められました。他、数例が溶連菌、アデノウイルス性咽頭炎と診断されました。 <須藤>
7/25 (新発田地区):7月19日から24日までの情報です。発熱の患者さんが増えています。溶連菌、アデノウイルス性咽頭炎が数例、RSウイルスが10数例認められました。ただRSウイルスやヒトメタニューモウイルスが陰性の発熱、咳のお子さんが多く、その中でクループ症候群を発症する患者さんが見受けられました。 <須藤>
7/18 (新発田地区):7月12日から17日までの情報です。発熱の患者さんが増加しています。その中で複数の保育園でRSウイルス感染が流行してきています。迅速検査で診断できない発熱のお子さんが多い保育園もあります。他、溶連菌、アデノウイルス性咽頭炎、アデノウイルス性胃腸炎の患者さんが数例ずつ見受けられました。 <須藤>
7/11 (新発田地区):7月5日から10日までの情報です。先週から引き続き、溶連菌、アデノウイルス性咽頭炎、アデノウイルス性胃腸炎の患者さんが数例ずつ見受けられました。また発熱、咳の患者さんがおられますが、RSウイルスは検出されません。 <須藤>
7/4 (新発田地区):6月28日から7月3日までの情報です。感染症は落ち着いています。溶連菌、アデノウイルス性咽頭炎、アデノウイルス性胃腸炎が数例ずつ、RSウイルスが陰性の発熱、咳の患者さんが見受けられました。一部の保育園で水痘が複数例認められました。 <須藤>
6/27 (新発田地区):6月21日から26日までの情報です。溶連菌、アデノウイルス性咽頭炎の患者さんが増えました。引き続きアデノウイルス性胃腸炎と診断されるお子さんが数名おり、また一部の保育園でノロウイルス性胃腸炎の患者さんが見受けられました。RSウイルスではない発熱、咳の患者さんも散見されました。 <須藤>
6/20 (新発田地区): 6月14日から19日までの情報です。感染症は引き続き落ち着いています。アデノウイルス咽頭炎、アデノウイルス胃腸炎 が1名ずつ認められました。溶連菌感染はありませんでした。発熱、咳の患者さんも見受けられますが、RSウイルスは検出されませんでした。 <須藤>
6/13 (新発田地区):6月7日から12日までの情報です。引き続き比較的広い範囲でアデノウイルス性胃腸炎の患者さんが見受けられ、ほとんどの方は軽い下痢のみです。他は溶連菌、アデノウイルス咽頭炎、発熱、咳の患者さんが見受けられました。当院では診断していませんが、保護者の方の話では、RSウイルスの患者んが出ている保育園もあるようです。 <須藤>
6/6 (新発田地区):5月31日から6月5日までの情報です。感染症は落ち着いています。この週も溶連菌、アデノウイスル性咽頭炎が数例認められました。新発田市、聖籠町の保育園でアデノウイルス性胃腸炎が流行しています。3月に感染し、今回2度目の感染を認めたお子さんもいました。4月に入園してから咳、鼻汁が続いているお子さんも少なからず見受けられました。<須藤>
5/30 (新発田地区):5月24日から29日までの情報です。アデノウイルス性胃腸炎の患者さんが比較的多く認められました。3月に感染し、この度2回目の感染となったお子さんが2例認められました。他は溶連菌、アデノウイスル性咽頭炎が数例ずつ見受けられました。<須藤>
5/23 (新発田地区):5月17日から22日までの情報です。溶連菌感染、アデノウイルス性胃腸炎の患者さんが見受けられました。迅速検査で診断できない発熱のみの方、発熱、咳の方も認められました。<須藤>
5/16 (新発田地区):5月10日から15日までの情報です。連休明け感染症は落ち着いています。溶連菌、アデノウイスル性咽頭炎、アデノウイルス性胃腸炎の患者さんが数例ずつ見受けられました。発熱、咳の患者さんはおられますが、迅速検査で診断できる感染症ではありませんでした。<須藤>
5/10 (新発田地区):5月6日から8日までの情報です。溶連菌、アデノウイルス咽頭炎、アデノウイルス性胃腸炎の患者さんが数例ずつ認められました。熱、咳の患者さんもおられますが、RS、ヒトメタを検査しても陽性者はいませんでした。<須藤>
4/25 (新発田地区):4月19日から24日までの情報です。引き続き、溶連菌、アデノウイルス性咽頭炎、アデノウイルス性胃腸炎の患者さんがおられます。迅速検査で診断できない発熱、咳の患者さんが多くなってきた印象があります。<須藤>
4/19 (新発田地区):4月12日から17日までの情報です。新学期になって発熱の患者さんが増えている印象です。溶連菌、アデノウイルス性咽頭炎、アデノウイルス性胃腸炎、ロタウイルス性胃腸炎の患者さんが少数ずつ認められました。<須藤>
4/12 (新発田地区):4月5日から10日までの情報です。溶連菌、アデノウイルス性咽頭炎、アデノウイルス性胃腸炎の患者さんが数例ずつ認められました。他は咳、鼻汁の患者んが見受けられました。<須藤>
4/5 (新発田地区):3月29日から4月3日までの情報です。溶連菌、アデノウイルス性咽頭炎、アデノウイルス性胃腸炎の患者さんが認められました。小学生でロタウイルス胃腸炎の患者さんが一人おられました。他は上気道感染の患者さんが見受けられました。<須藤>
3/29 (新発田地区):3月22日から27日までの情報です。溶連菌、アデノウイルス咽頭炎、アデノウイルス性胃腸炎が数例ずつ認められました。咳、鼻汁、迅速検査で診断できない発熱の患者さんも見受けられましたが、感染症は引き続き落ち着いています。<須藤>
3/22 (新発田地区):3月15日から19日までの情報です。溶連菌、アデノウイルス性咽頭炎、アデノウイルス性胃腸炎の患者さんが数名ずつ認められました。また迅速検査で診断できない発熱のみの患者さんも見受けられました。<須藤>
3/15 (新発田地区):3月8日から13日までの情報です。溶連菌、アデノウイルス性咽頭炎の患者さんが数名ずつ認められました。一部の保育園でアデノウイルス性胃腸炎が流行しています。他は発熱、咳の患者さんが見受けられました。<須藤>
3/8 (新発田地区):3月1日から6日までの情報です。溶連菌およびアデノウイルス性咽頭炎が数例ずつ、アデノウイルス性胃腸炎、ヘルペス性歯肉口内炎も数例認められました。他は発熱、咳、アレルギー性鼻炎の患者さんが見受けられました。<須藤>
3/1 (新発田地区):2月22日から27日までの情報です。感染症は落ち着いています。溶連菌、アデノウイルス性咽頭炎の患者さんが数例見受けられました。また発熱を伴わない咳、鼻汁の患者さんや、嘔吐の患者さんが認められました。<須藤>
2/22 (新発田地区):2月15日から20日までの情報です。溶連菌感染が複数認められました。アデノウイルスを含めた感染性胃腸炎も見受けられました。感染症は引き続き落ち着いています。<須藤>
2/15 (新発田地区):2月8日から13日までの情報です。感染症は落ち着いています。溶連菌、感染性胃腸炎が認められました。水痘の小学生が1名見受けられました。<須藤>
2/8 (新発田地区):2月1日から6日までの情報です。溶連菌が先週より多く認められました。他はアデノウイルス咽頭炎、ノロを含めた感染性腸炎が見受けられました。またEBウイルス感染症が数例認められました。<須藤>
2/1 (新発田地区):1月25日から30日までの情報です。溶連菌、アデノウイルス性咽頭炎が数例、アデノウイルスを含む感染性胃腸炎が見受けられました。インフルエンザは認められません。<須藤>
1/25 (新発田地区):1月18日から23日までの情報です。溶連菌、アデノウイスル咽頭炎、ノロウイルスを含めた感染性胃腸炎の患者さんが見受けられました。水痘の患者さんも1例認められました。<須藤>
1/18 (新発田地区):1月12日から16日までの情報です。感染症は引き続き落ち着いています。溶連菌感染症、ノロウイルス性胃腸炎の患者さんが数例認められ、他は、発熱、咳の患者さんが見受けられました。 <須藤>
1/12 (新発田地区):1月4日から9日までの情報です。溶連菌、アデノウイルス性咽頭炎、ノロウイルス胃腸炎の患者さんが数名ずつ認めれるのみで、感染症は落ち着いています。<須藤>
2021/1/4 (新発田地区):12月28日から30日までの情報です。ノロウイルス胃腸炎、溶連菌、アデノウイルス性胃腸炎、水痘の患者さんが数例認められました。<須藤>
up