2022年
情報提供
過去の情報
  • 須藤正二( 新発田市/すどう小児クリニック)
  • 山崎恒(阿賀野市/やまざき小児科)
2019年
2020年
2021年

流行状況 県北 阿賀北 新潟市東 新潟市西 県央 長岡 魚沼 柏崎 上越 佐渡

レポート
1/16 (新発田地区):1月11日から15日までの情報です。溶連菌、アデノウイルス、ヘルパンギーナ、手足口病の患者さんが数例ずつ見受けられました。便抗原検査で診断のつかない嘔吐、下痢の患者さんも認められました。<須藤>
1/9 (新発田地区):1月4日から8日までの情報です。冬休み明けのためか、発熱の患者さんは少ない印象でした。溶連菌、アデノウイルス性咽頭炎、ノロウイルス性胃腸炎、ヘルパンギーナ、手足口病の患者さんが散見されました。また一部の保育園では水痘の患者さんが複数例見受けられました。<須藤>
up